コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下位概念 カイガイネン

デジタル大辞泉の解説

かい‐がいねん〔カヰ‐〕【下位概念】

論理学で、二つの概念が包括・被包括の関係にあるとき、包括されるほうの概念。例えば、生物に対する動物や植物。低級概念。⇔上位概念

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいがいねん【下位概念】

〘論〙 二つの概念が包括・被包括の関係にある時、包括される方の概念。例えば「人間」に対する「男」や「女」。低級概念。 ↔ 上位概念

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の下位概念の言及

【概念】より

…アリストテレスに由来する,現代以前の伝統的形式論理学では概念に対してさまざまな分類が行われてきた。たとえば,〈生物〉〈動物〉〈犬〉等のように概括度,包括度の高低による上位概念と下位概念(類概念と種概念)の区別,肯定概念と否定概念の区別等がそれである。これらのうちには下位集合,補集合等の用語で新たに規定し直されるものもあるが,分類の意義や根拠の明確でないもの,錯誤を招く恐れのあるものもある。…

※「下位概念」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下位概念の関連キーワード冠(かんむり)構造機能分析社会的成層社会福祉ユーモア問題解決制限連想従属関係種概念論理学類概念戦術文明部族迷信

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android