コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下和田村次左衛門 しもわだむら じざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下和田村次左衛門 しもわだむら-じざえもん

?-1836 江戸時代後期の一揆(いっき)指導者。
甲斐(かい)下和田村(山梨県大月市)の農民。天保(てんぽう)7年8月犬目宿兵助(いぬめじゅく-へいすけ)とともに飢饉(ききん)にくるしむ農民救済のために米商から米の押し借りをおこなう。これが甲斐一国にひろがる打ちこわし(郡内騒動)に発展。捕らえられて同年11月16日牢死。享年70歳前後。姓は森。通称は別に武七。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

下和田村次左衛門の関連キーワード森次左衛門一揆

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android