コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下和田村次左衛門 しもわだむら じざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下和田村次左衛門 しもわだむら-じざえもん

?-1836 江戸時代後期の一揆(いっき)指導者。
甲斐(かい)下和田村(山梨県大月市)の農民。天保(てんぽう)7年8月犬目宿兵助(いぬめじゅく-へいすけ)とともに飢饉(ききん)にくるしむ農民救済のために米商から米の押し借りをおこなう。これが甲斐一国にひろがる打ちこわし(郡内騒動)に発展。捕らえられて同年11月16日牢死。享年70歳前後。姓は森。通称は別に武七。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

下和田村次左衛門の関連キーワード森次左衛門一揆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android