コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下国安芸 しもくに あき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下国安芸 しもくに-あき

1809-1881 江戸後期-明治時代の武士。
文化6年生まれ。蝦夷(えぞ)地(北海道)松前藩士。天保(てんぽう)10年(1839)家老となる。明治元年佐幕派を追放した正議隊に擁せられ,藩政実権をにぎる。同年10月来襲した旧幕府軍に敗れ,藩主松前徳広(のりひろ)と弘前にのがれたが,翌年新政府軍とともに領地を奪回した。明治14年6月4日死去。73歳。名は崇教(たかのり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

下国安芸

没年:明治14.6.4(1881)
生年:文化6(1809)
幕末の松前藩(北海道)藩士。天保10(1839)年家老となり,福山城造営に当たる。明治1(1868)年2月藩主徳広の名代に従って上洛,帰藩。同5月,松前勘解由ら佐幕派が弾圧されたのち,藩政を指導する場に立つ。11月榎本武揚の旧幕府軍の攻撃を受け津軽に逃れ,翌2年4月政府軍に加わり失地を回復した。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

下国安芸の関連キーワード明治時代没年

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android