コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下国安芸 しもくに あき

2件 の用語解説(下国安芸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下国安芸 しもくに-あき

1809-1881 江戸後期-明治時代の武士。
文化6年生まれ。蝦夷(えぞ)地(北海道)松前藩士。天保(てんぽう)10年(1839)家老となる。明治元年佐幕派を追放した正議隊に擁せられ,藩政の実権をにぎる。同年10月来襲した旧幕府軍に敗れ,藩主松前徳広(のりひろ)と弘前にのがれたが,翌年新政府軍とともに領地を奪回した。明治14年6月4日死去。73歳。名は崇教(たかのり)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

下国安芸

没年:明治14.6.4(1881)
生年:文化6(1809)
幕末の松前藩(北海道)藩士。天保10(1839)年家老となり,福山城造営に当たる。明治1(1868)年2月藩主徳広の名代に従って上洛,帰藩。同5月,松前勘解由ら佐幕派が弾圧されたのち,藩政を指導する場に立つ。11月榎本武揚の旧幕府軍の攻撃を受け津軽に逃れ,翌2年4月政府軍に加わり失地を回復した。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

下国安芸の関連キーワードムラヴィヨーフアレクサンドルアレクサンドルブラジル文学大草公弼三枝斐子ラーマ[1世]本殿と遷宮下国安芸桂川甫周

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone