コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下国安芸 しもくに あき

2件 の用語解説(下国安芸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下国安芸 しもくに-あき

1809-1881 江戸後期-明治時代の武士。
文化6年生まれ。蝦夷(えぞ)地(北海道)松前藩士。天保(てんぽう)10年(1839)家老となる。明治元年佐幕派を追放した正議隊に擁せられ,藩政の実権をにぎる。同年10月来襲した旧幕府軍に敗れ,藩主松前徳広(のりひろ)と弘前にのがれたが,翌年新政府軍とともに領地を奪回した。明治14年6月4日死去。73歳。名は崇教(たかのり)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

下国安芸

没年:明治14.6.4(1881)
生年:文化6(1809)
幕末の松前藩(北海道)藩士。天保10(1839)年家老となり,福山城造営に当たる。明治1(1868)年2月藩主徳広の名代に従って上洛,帰藩。同5月,松前勘解由ら佐幕派が弾圧されたのち,藩政を指導する場に立つ。11月榎本武揚の旧幕府軍の攻撃を受け津軽に逃れ,翌2年4月政府軍に加わり失地を回復した。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下国安芸の関連キーワード奥平鶯居狩野水子柴田游翁関直吉岱阿高橋確斎堤玄徳遠山弘湖徳含花沢伊左衛門(3代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone