コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下垂体性巨人症 かすいたいせいきょじんしょうPituitary Gigantism

家庭医学館の解説

かすいたいせいきょじんしょう【下垂体性巨人症 Pituitary Gigantism】

[どんな病気か]
 脳下垂体(のうかすいたい)からの成長ホルモン分泌過剰(ぶんぴつかじょう)のため、著しい高身長になる、きわめてまれな病気です。分泌過剰になる原因は下垂体の腫瘍(しゅよう)(腺腫(せんしゅ))です。成人に生じた場合は末端肥大症(まったんひだいしょう)(手足の指やあごの先が大きくなる)となります。
 治療は、薬物療法もありますが、積極的には脳外科手術(経蝶骨形洞下垂体(けいちょうこつけいどうかすいたい)手術)が選択されます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

下垂体性巨人症の関連キーワードホルモン(内分泌)のしくみとはたらきホルモン剤巨人症

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android