コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下手渡藩 しもてどはん

2件 の用語解説(下手渡藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下手渡藩
しもてどはん

江戸時代,陸奥国伊達郡 (福島県) の下手渡地方を領した藩。文化3 (1806) 年立花氏が筑後柳川藩の支封として1万石で三池より入封,廃藩置県にいたる。ただし,藩庁は明治1 (68) 年三池に移った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下手渡藩
しもてどはん

江戸時代後期より陸奥(むつ)国伊達(だて)郡下手渡(福島県伊達市)周辺などを領有した外様(とざま)小藩。1806年(文化3)筑後(ちくご)国(福岡県)三池(みいけ)1万石の立花種善(たちばなたねよし)が伊達郡内に移され、下手渡1万石として立藩した。種善のあと種温(たねはる)、種恭(たねゆき)(老中格)と在封。1850年(嘉永3)種恭のとき、伊達郡内3000石余が旧領三池郡内5000石余と領地替となった。1868年(慶応4)戊辰(ぼしん)戦争で態度不明のため仙台藩に攻撃されて、居所が焼失したので旧領の三池に移り、廃藩となった。[細井 計]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の下手渡藩の言及

【月舘[町]】より

…福島市の東にあり,四方を阿武隈高地の山々に囲まれた盆地性の地形を示す。1806年(文化3)筑後の三池から立花氏が1万石で入封,下手渡(しもてど)藩の藩庁所在地となり,陣屋が設置されたが,戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に加わらず,仙台藩の攻撃を受けて焼失した。米作,養蚕を中心とする農業から,米の生産調整を機に果樹,野菜などのハウス園芸が盛んになった。…

【福島[県]】より


[沿革]
 県域はかつての陸奥国南部,明治の分国後は岩代(いわしろ)国全域および磐城(いわき)国南半にあたる。1868年(明治1)1月には会津藩二本松藩福島藩,下手渡(しもてど)藩,三春藩,棚倉藩,守山藩,磐城平藩,泉藩,中村藩,湯長谷(ゆながや)藩と,飛地,天領が入り組んでいた。同年の会津戦争後,いちはやく新政府に帰順した守山,三春,中村などを除き,奥羽越列藩同盟に参加した多くの藩は,新政府側諸藩に預けられ,まもなく旧天領とともに各民政取締所(後に民政局と改称)の支配下に置かれた。…

※「下手渡藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下手渡藩の関連キーワード福島県伊達郡国見町大木戸福島県伊達郡桑折町沢福島県伊達郡桑折町陣屋福島県伊達郡桑折町諏訪福島県伊達郡桑折町台福島県伊達郡桑折町舘福島県伊達郡川俣町舘福島県伊達郡福島県伊達郡桑折町伊達崎福島県伊達郡国見町藤田

下手渡藩の関連情報