コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村治 しもむら おさむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下村治 しもむら-おさむ

1910-1989 昭和時代の官僚,経済評論家。
明治43年11月27日生まれ。昭和9年大蔵省にはいり,日銀政策委員などをつとめる。34年の退官後,日本開発銀行理事などを歴任。ケインズ理論を日本に適用した成長論(下村理論)をとなえ,池田勇人(はやと)首相の所得倍増計画で中心的な役割をはたした。48年の石油ショック後は,ゼロ成長論を展開した。平成元年6月29日死去。78歳。佐賀県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下村治の関連キーワードブレーン政治昭和時代吉野俊彦

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下村治の関連情報