下湯(読み)シモユ

精選版 日本国語大辞典の解説

おり‐ゆ【下湯】

〘名〙 湯に入ること。入浴
※保元(1220頃か)下「ふるき湯屋を借りて、常におりゆをぞしける」

しも‐ゆ【下湯】

〘名〙
腰湯をつかうこと。また、下半身を洗うこと。
※洒落本・やまあらし(1808)三「湯へいくとしも湯(ユ)をもてへねへにつかふうちは大笑ひだね」
② 「しもゆば(下湯場)」の略。遊郭で、娼婦が客と寝たあと身体を洗滌する場所。
雑俳・柳多留‐一五九(1838‐40)「裏階子下も湯へ通ふ女坂」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下湯の関連情報