下湯(読み)しもゆ

精選版 日本国語大辞典「下湯」の解説

しも‐ゆ【下湯】

〘名〙
① 腰湯をつかうこと。また、下半身を洗うこと。
※洒落本・やまあらし(1808)三「湯へいくとしも湯(ユ)をもてへねへにつかふうちは大笑ひだね」
② 「しもゆば(下湯場)」の略。遊郭で、娼婦が客と寝たあと身体を洗滌する場所。
※雑俳・柳多留‐一五九(1838‐40)「裏階子下も湯へ通ふ女坂」

おり‐ゆ【下湯】

〘名〙 湯に入ること。入浴。
※保元(1220頃か)下「ふるき湯屋を借りて、常におりゆをぞしける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android