下湯(読み)シモユ

  • おりゆ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 湯に入ること。入浴。
※保元(1220頃か)下「ふるき湯屋を借りて、常におりゆをぞしける」
〘名〙
① 腰湯をつかうこと。また、下半身を洗うこと。
※洒落本・やまあらし(1808)三「湯へいくとしも湯(ユ)をもてへねへにつかふうちは大笑ひだね」
② 「しもゆば(下湯場)」の略。遊郭で、娼婦が客と寝たあと身体を洗滌する場所。
※雑俳・柳多留‐一五九(1838‐40)「裏階子下も湯へ通ふ女坂」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下湯の関連情報