下組(み)(読み)シタグミ

デジタル大辞泉の解説

した‐ぐみ【下組(み)】

建築などで、本格的に組み立てる前の仮組み。
かねてからの準備。また、心構え。
「さし籠(こ)めて、守り戦ふべき―をしたりとも、あの国の人を、え戦はぬなり」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

した‐ぐみ【下組】

〘名〙
① かねての準備。用意。したごしらえ。もくろみ。計画。
※竹取(9C末‐10C初)「さしこめて守り戦ふべきしたぐみをしたり共、あの国の人をえ戦はぬなり」
② 建築などで、本格的に組み立てる前のしたごしらえ。本組みの前に行なう仮組み。
※鵤荘引付‐永正一八年(1521)正月一六日「薭田社修造事、下組数年間以外破損了」
③ ある仲間のうちで配下となっている者。組下。
浮世草子・傾城色三味線(1701)江戸「手と身とに成てのおさまりは、お札おさめの下組(シタグミ)、願人の袋持坊主になれるより外はなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android