コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下野信之 しもの のぶゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下野信之 しもの-のぶゆき

1855-1924 明治-大正時代の気象技術者。
安政2年3月21日生まれ。工部省にはいり,各地で測量にあたる。明治9年内務省地理寮の気象掛員になり,来日中のイギリス人技師ジョイナーに気象観測技術をまなぶ。和歌山,宮城,青森の各県および琉球諸島の測候所建設にかかわり,32年大阪測候所長になる。大正13年11月10日死去。70歳。江戸出身。本姓は井出。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

下野信之

没年:大正13.11.10(1924)
生年:安政2.3.21(1855.5.7)
明治大正期の気象学者。幕臣井出昇八郎の次男。江戸湯島生まれ。のち下野家の嗣子となる。明治6(1873)年工部省に入り測量に従事する。9年内務省地理寮気象掛(中央気象台)に気象伝習生として採用され,英国人技師ジョイナーのもとで,気象観測技術を学ぶ。15年の東京気象学会(日本気象学会)の設立に参加し,また各地の測候所の建設にかかわり,32年から亡くなるまで大阪測候所長を務めた。論文に「シュイサイドに罹る人の多寡は気象に関係あるの論」(『気象集誌』1巻1号)がある。<参考文献>荒川秀俊『日本気象学史』

(谷本勉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

下野信之の関連キーワード荒川秀俊大正時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android