コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不思議の国のアリス症候群 ふしぎのくにのアリスしょうこうぐんsyndrome of Alice in Wonderland

世界大百科事典 第2版の解説

ふしぎのくにのアリスしょうこうぐん【不思議の国のアリス症候群 syndrome of Alice in Wonderland】

自己の身体像や外界の事物の変形体験を主とする症候群で,イギリスの精神科医トッドJ.Toddが1955年に初めて記載した。その名はむろんルイス・キャロルの同名の作品(1865)に由来するが,そのなかでアリスの体験する奇妙な現象は真に迫っていて,作者自身が実際に同様の体験に苦しんでいたのではないかと想像される。癲癇てんかん),大脳の病気,メスカリンやLSDによる酩酊,熱性譫妄(せんもう),催眠状態,精神分裂病などに見られ,病変の頭頂葉局在説が指摘されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

知恵蔵miniの解説

不思議の国のアリス症候群

自分自身や外界の物、空間などの変形体験を主症状とする症候群のこと。アリス症候群。幼児期に多く発現し、自分の体や周りの物が実際の大きさと違って見える、顔などの形が歪んで見える、壁・天井などが近づいて見える、色が違って見える、人の声が大きく聞こえるなど、多様な症状がある。1955年、イギリスの精神科医ジョン・トッドが『不思議の国のアリス』(ルイス・キャロル作)で描かれた奇妙な感覚にちなんで名づけた。原因はよくわかっていないが、急性発熱・ウイルス感染症服薬などにより一時的に起こる場合が多い。偏頭痛・てんかん・脳炎統合失調症脳腫瘍などにより繰り返し起こる場合がある。

(2015-11-30)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報