コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不易法 ふえきほう

世界大百科事典 第2版の解説

ふえきほう【不易法】

古今を通じて不変の基本法という意味にも用いられるが,普通は一定時期以前の判決に形式的確定力を付与することを定めた中世法をさす。鎌倉幕府法では,(1)3代将軍と北条政子時代の判決に対する《御成敗式目前書と第7条の規定,(2)北条泰時執権期の1225年(嘉禄1)から42年(仁治3)までに対する58年(正嘉2)12月法,(3)北条経時・時頼時代の43年(寛元1)から56年(康元1)に対する71年(文永8)8月法,(4)北条長時・政村・時宗時代の56年から84年(弘安7)に対する90年(正応3)9月法があり,(4)に至って,わずか6年を経たにすぎない判決を不易化し,越訴(おつそ)の提起を否認したことは,越訴制に対する北条得宗権力の嫌悪が反映したものと考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の不易法の言及

【越訴】より

… しかしこの時点は同時に,専制化を進める北条氏得宗(嫡統)権力の前に,それまで築き上げられた訴訟制度が動揺し始めた時でもあった。それは越訴制にも及んでやがて不易法が立法されるに至った。不易法は過去のある時点以前の判決はくつがえされないとするもので,越訴に提訴期限を設けるものであった。…

※「不易法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android