コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年紀法 ねんきほう

大辞林 第三版の解説

ねんきほう【年紀法】

中世の法理の一。他人の所領を占有した状態が一定期間継続した場合は、その所領に対する占有権を主張しうることを定めた法。貞永式目で20年と明記されて以来、鎌倉幕府の裁判規範のほか、同時期の本所・公家法、後代の武家法(室町幕府法・戦国法)に深い影響を与えた。年序法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねんきほう【年紀法】

中世武家法理の一つ。正確には〈二十箇年年紀法〉という。《御成敗式目》第8条に〈一,御下文(くだしぶみ)を帯ぶるといえども知行(ちぎよう)せしめず,年序を経る所領の事 右,当知行の後,廿ヵ年を過ぎば,大将家の例に任せて,理非を論ぜず改替にあたわず。しかるに知行の由を申して御下文を掠め給るの輩,かの状を帯ぶるといえども叙用に及ばず〉(原漢文)とあるのが,明文的規定の嚆矢(こうし)である。この条文の意味は,〈鎌倉幕府から“御下文”=安堵状(その者が領主である旨の確認書)を得ている所領であっても,それを現実に“知行”=支配しないまま年数を経たものについては,20年経過していれば,“理非”を問題にすることなく現状を変更しないのが“大将家”=源頼朝当時の先例である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の年紀法の言及

【中世法】より

…土地所有権も権利の存在だけでは十全でなく,権利の行使(職の知行)があって初めて権利は完全であるとする法的認識が一般化し,やがて,長年月に及ぶ土地の事実的支配は,その土地の上に眠る権利(現実に行使されない権利)に優越するという認識とその慣習化(いわゆる年序(ねんじよ)の法)が行われた。これを受けて鎌倉幕府法の知行年紀法(20年以上土地の事実的支配を継続すれば,ただそのことによって新しい権利が取得される),不知行年紀法(20年以上土地所有権の行使を怠れば,そのことによって権利そのものも無効となる)などが成立し,これらの年紀法は,多少の年月を経て公家法,本所法にあるいはそのまま,あるいは形を変えてとり入れられた。 第2に私有財産重視の一つの表現として財産刑の盛行がある。…

※「年紀法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

年紀法の関連キーワード室町幕府法裁判規範貞永式目年序法公家法占有権後代本所法理

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android