コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円錐角膜 えんすいかくまくkeratoconus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円錐角膜
えんすいかくまく
keratoconus

角膜の中央部が円錐形に徐々に膨隆する疾患。通常両側性であるが,他眼はかなり遅くなってから発症する。多くは青年期に近視度が急速に進行し,ついにめがねでも視力が出ないようになって発見される。不正乱視も生じる。原因は不明だが劣性遺伝することもある。軽症者にはコンタクトレンズを装用させると,視力の改善と進行防止が期待できる。さらに進行してコンタクトレンズでの矯正が不可能になれば熱形成術を行う。突出部がきわめて薄く,中央に白斑のみられるものには角膜移植を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんすい‐かくまく〔ヱンスイ‐〕【円×錐角膜】

角膜の中央部が円錐状に突出する進行性の病気。不正乱視を起こし、視力が低下する。コンタクトレンズで矯正できるが、重症になると角膜移植が必要になる場合がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

レーシック関連用語集の解説

円錐角膜

角膜の中央が薄く、かつ前方へ突出してくる眼病です。これによって角膜が変形してしまい円錐状に突出した角膜を通して物を見るため、見え方に歪みが生じ視 力が低下してしまいます。

出典 レーシックNETレーシック関連用語集について 情報

家庭医学館の解説

えんすいかくまく【円錐角膜 Keratoconus】

[どんな病気か]
 角膜が前方に不整に突出したために、角膜がレンズとしての役割をはたすことができなくなった状態です。
[症状]
 円錐角膜は10代に発症することがほとんどで、最初は近視(きんし)や乱視(らんし)が急に進むという症状で始まりますが、やがてめがねでは視力矯正(しりょくきょうせい)が不可能になります。進行すると急性水腫(きゅうせいすいしゅ)と呼ばれる角膜混濁(かくまくこんだく)を生じ、急激に視力が低下することがあります。
 遺伝することもありますが、遺伝形式は不明です。片眼性(へんがんせい)のこともありますが、程度の差はあれ両眼性の場合が多いようです。アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、ダウン症候群などの全身疾患に合併することもあります。
[治療]
 中等度までの円錐角膜は、ハードコンタクトレンズで視力矯正ができます。最近は円錐角膜用の特殊なコンタクトレンズも開発され、コンタクトレンズを装用できるケースの割合が増加してきました。コンタクトレンズの装用は、角膜の突出の進行を防ぐ効果もあるようです。
 進行例には角膜移植が行なわれることが多いようです。角膜移植の成功率は非常に高いのですが、術後に乱視や近視が残ることがあり、この場合には、コンタクトレンズで矯正します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典内の円錐角膜の言及

【角膜】より


[角膜の病気]
 角膜の病気は,角膜の変形のために光学面としての働きをなさなくなるものと,混濁して角膜の透明性に障害を起こすものとに大別される。前者の代表的なものとして円錐角膜conical corneaがある。これは10~20歳代の男女にみられる疾患で,角膜の中央部が突出して円錐状になる。…

※「円錐角膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

円錐角膜の関連キーワード角膜内リング遺伝性腎炎角膜水腫