コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不活性気体 フカッセイキタイ

デジタル大辞泉の解説

ふかっせい‐きたい〔フクワツセイ‐〕【不活性気体】

希ガス元素からなる気体。
反応性が低い気体。希ガス元素や窒素などを指す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不活性気体
ふかっせいきたい
inert gas

通常は希ガス元素、すなわちヘリウム、ネオンアルゴン、クリプトン、キセノン、ラドンをさす。しかし、試薬と反応しない、あるいは反応に関与しない気体という意味で用いられることも少なくない。この場合には窒素なども含まれる。酸化に敏感な試薬類のラベルによく「不活性気体中で封じ……」とある場合はおおむね窒素であり、アルゴンなどのことは少ない。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の不活性気体の言及

【希ガス】より

…これは,原子の電子配置が,最外殻でs2p6(ヘリウムのみはs2)となり,閉殻をつくり安全な配置をとるためであり,またイオン化ポテンシャルが高く,化学的に不活性な原因となっている。このため,不活性気体(不活性ガス)inert gasあるいは貴ガスnoble gasということもある。いずれの元素も真の意味での化合物をつくることはないと考えられていたが,イオン化ポテンシャルの最も低いキセノンについて1962年カナダのバートレットN.BartlettによってはじめてXePtF6がつくられ,それ以来今日までにXeおよびKrの化合物がつくられている。…

※「不活性気体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不活性気体の関連キーワードクロード(Georges Claude)ガイガー‐ミュラー計数管タングステンブロンズジョルジュ クロードファンデルバイル効果ヴァンデルバイル効果プラズマ融解炉フッ化ケイ素非金属元素高温ガス炉原子価電子単原子気体炭素繊維セシウムレイリー合成繊維フランクラムゼー分子結晶電気炉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android