コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不活性気体 フカッセイキタイ

2件 の用語解説(不活性気体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふかっせい‐きたい〔フクワツセイ‐〕【不活性気体】

希ガス元素からなる気体。
反応性が低い気体。希ガス元素や窒素などを指す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不活性気体
ふかっせいきたい
inert gas

通常は希ガス元素、すなわちヘリウムネオンアルゴンクリプトンキセノンラドンをさす。しかし、試薬と反応しない、あるいは反応に関与しない気体という意味で用いられることも少なくない。この場合には窒素なども含まれる。酸化に敏感な試薬類のラベルによく「不活性気体中で封じ……」とある場合はおおむね窒素であり、アルゴンなどのことは少ない。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の不活性気体の言及

【希ガス】より

…これは,原子の電子配置が,最外殻でs2p6(ヘリウムのみはs2)となり,閉殻をつくり安全な配置をとるためであり,またイオン化ポテンシャルが高く,化学的に不活性な原因となっている。このため,不活性気体(不活性ガス)inert gasあるいは貴ガスnoble gasということもある。いずれの元素も真の意味での化合物をつくることはないと考えられていたが,イオン化ポテンシャルの最も低いキセノンについて1962年カナダのバートレットN.BartlettによってはじめてXePtF6がつくられ,それ以来今日までにXeおよびKrの化合物がつくられている。…

※「不活性気体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不活性気体の関連キーワードアルゴンクリプトンネオン不活性ガスヘリウムラドンイーエム希ガス元素弗素ツィントル則

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone