不逮捕特権(読み)フタイホトッケン

  • ふたいほとっけん ‥トクケン
  • ふたいほとっけん〔トクケン〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 国会議員に与えられた特権の一つ。議員が院外における現行犯罪の場合と、所属する議院の許諾のある場合を除いて、会期中に逮捕されず、会期前に逮捕された者も、所属する議院の要求があれば会期中釈放しなければならないこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の不逮捕特権の言及

【国会議員】より


[議員特権]
 国会議員は,その所属する議院が,国会の構成機関として十分職責を果たしうるよう,特別の権利を憲法で保障されている。その一は不逮捕特権といわれるもので,議員は,院外で現行犯罪を犯す場合を別として,国会の会期中は,その所属する議院の許諾がなければ逮捕されず,また,会期前に逮捕された議員は,その所属する議院の要求があれば,会期中釈放されなければならないことになっている(日本国憲法50条,国会法33条)。これは,政府が検察権力をもって,野党議員を拘束し,議院の活動に圧力を及ぼさぬようにとの配慮からのもので,議院本位の制度というべきである。…

※「不逮捕特権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不逮捕特権の関連情報