議院(読み)ぎいん(英語表記)house

翻訳|house

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

議院
ぎいん
house

議会を構成する合議体。日本の国会における衆議院参議院がこれにあたる。議会における意思決定機関が議院であり,2つの議院から構成される両院制の場合,原則として両議院の意思が一致して初めて議会の意思となる。これに対し,一院制では議院と議会とは事実上,同義語となる。一般的に各議院は独立した合議体として自律権が保障され,議員の兼職は許されず,それぞれ個別の議長のもと,独自の議院規則議事手続,懲罰規定などの制定権をもち,固有の活動を行う。なお,両議院の合議体として両院協議会などがおかれる場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎいん【議院】

国政を審議する場所。国会。
国会の衆議院と参議院。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

議院
ぎいん

国会を構成する衆議院または参議院をいう。各議院はそれぞれ独立に会議を開き、議決を行う。両議院の議決の一致で国会の議決が成立するが、各議院は単独で、議院規則の制定、議員の懲罰国政調査などの権能を有する。[山野一美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎ‐いん ‥ヰン【議院】

〘名〙
① 国政を審議する場所。国会。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「この議院に於て、各部落より薦挙せる民委官を歓接し尊敬する事なり」
② 衆議院または参議院(旧憲法では貴族院)。
※議院法(明治二二年)(1889)七条「各議院の議長副議長は各々一員とす」
[語誌]福沢諭吉が「西洋事情‐初」(一八六六)に「議事院」を使用しており、また「議員」ではなく「議事官」を使用しているところから、「事」が略されて「議院」「議官」ができたとも考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

議院の関連情報