与党審査(読み)よとうしんさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「与党審査」の解説

与党審査
よとうしんさ

日本の立法過程において,国会への議案提出にあたり,政府与党の支持獲得のために行う事前調整。立法過程のなかで与党が果す役割がきわめて大きい日本の議院内閣制における独特の制度。自民党の政務調査会の部会を舞台に行われてきた。イギリスドイツなどでは,議案は政府から直接議会に与党審査は事前に与党の要求が議案に取込まれるため,国会での立法過程をスムーズなものにすることに役立ってきたが,その一方で与党と官僚との癒着を強め,族議員を生み出す制度的背景ともなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android