与次郎(読み)ヨジロウ

大辞林 第三版の解説

よじろう【与次郎】

京都で、乞食の頭かしらの通称。 「相の山の-の小屋が此の間の風で谷へ吹き落された/滑稽本・膝栗毛 5
「与次郎人形」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よじろ【与次郎】

雑俳・川柳評万句合‐明和元(1764)松四「かんさしの与二良とともにはづむまり」

よじろう ヨジラウ【与次郎】

〘名〙
① 江戸時代、京都で非人頭の通称。転じて、その支配下の乞食の総称。新年に鳥追笠をかぶって鳥追いになるものを叩(たたき)の与次郎といった。
※俳諧・類船集(1676)左「座頭〈略〉 祝言又はとふらひなどある門へは猿まはし与二郎などのごとく来りて物をたまふ」
※雑俳・冠独歩行(1702)「くるくると・頭で廻る与次郎来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

与次郎の関連情報