世界の大演劇(読み)せかいのだいえんげき(英語表記)El gran teatro del mundo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界の大演劇
せかいのだいえんげき
El gran teatro del mundo

スペインの劇作家カルデロン・デ・ラ・バルカ戯曲。1幕。 1645年頃執筆。作者である「神」は舞台監督である「世界」に「人生」という作品の上演を命じる。この劇中劇 (人生) で役者 (人間) は,なんらのト書きも与えられず,ただみずからの判断をもって自分の役を演じ,その成果を神によって評価されねばならない。王,富者貧者や「恩寵」などの擬人化した人物が登場する,道徳劇の伝統をひく詩劇。カルデロンの聖餐神秘劇代表作の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android