コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞台監督 ぶたいかんとくstage manager

翻訳|stage manager

5件 の用語解説(舞台監督の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舞台監督
ぶたいかんとく
stage manager

舞台を創造する演出家に協力し,その意図を舞台に実現させるため,芸術,技術,実務のあらゆる面で実際的な管理や連絡の任にあたる人。稽古への立会い,照明や音響効果その他の技術陣との連絡,公演中のプロンプト (せりふ付け) ,場面転換の監督,大道具小道具の点検などがおもな仕事である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶたい‐かんとく【舞台監督】

演劇で、演出者の意図に沿って、演技・舞台装置・照明・効果・衣装や上演中の進行などを指導・監督する人。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶたいかんとく【舞台監督】

演劇用語。公演準備中は演出家(演出)の創造活動を実務的に補佐して稽古に立ち会い,装置・照明など各スタッフのまとめ役となり,公演初日以降は演出家の意図を体現して舞台上および舞台裏の進行いっさいを監督する職能。元来,欧米では劇場付の職能であった。近代日本では直接的に舞台表現に関与する〈ステージディレクター(演出家)stage director〉と主として実務面に関与する〈ステージ・マネージャーstage manager〉の区別があいまいで,明治末期から大正期にかけて演出家を舞台監督と称したこともあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶたいかんとく【舞台監督】

演劇上演の際、演出者に協力し演技・装置・照明・効果・衣装・小道具・幕の開閉などの実際を総合的に指導監督すること。また、その人。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舞台監督
ぶたいかんとく

戯曲を舞台形象化するいっさいの仕事を創造、統一するのが演出者であり、それを舞台に展開させる演出代行の責任者が舞台監督である。公演前の舞台監督の仕事は、舞台美術、照明、音響などの各デザイナーを統括し、演出プランの実際的な立案を行う。またスタッフ会議を招集し、演出プランの理解を徹底させ、その練り上げを行う。演出者としての仕事は舞台稽古(けいこ)までで終わり、公演当日からの全責任は舞台監督の手に移る。それゆえ舞台監督は、演出者の単なる従属者ではなく、あくまでも独自の権限をもち、出演者とスタッフの監督業務を行うと同時に、公演の舞台進行をつかさどる公演中の最高責任者である。日本の新劇運動では当初演出者のことを舞台監督とよんでいたが、1924年(大正13)築地小劇場創立以降、演出と舞台監督の機能が明確になっていった。[大木 靖]
『水品春樹著『舞台監督の仕事』(1958・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

舞台監督の関連情報