世界的な海上遭難安全システム(読み)せかいてきなかいじょうそうなんあんぜんシステム(英語表記)Global Maritime Distress and Safety System

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界的な海上遭難安全システム
せかいてきなかいじょうそうなんあんぜんシステム
Global Maritime Distress and Safety System

国際海事機関 IMOが推進する,通信衛星を使っての遭難情報伝達体制。略称 GMDSS。世界中どの海域で遭難しても通信衛星を用いて交信できる,沈没時には自動浮揚の発信機により自動的に通報される,テレックス・無線電話主体のためモールス符号などの技術を必要としない,などの特徴をもつ。 1992年2月にこの導入をおもな内容とする条約が発効し,1999年2月1日までに全面移行することになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android