コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界的な海上遭難安全システム せかいてきなかいじょうそうなんあんぜんシステムGlobal Maritime Distress and Safety System

1件 の用語解説(世界的な海上遭難安全システムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界的な海上遭難安全システム
せかいてきなかいじょうそうなんあんぜんシステム
Global Maritime Distress and Safety System

国際海事機関 IMOが推進する,通信衛星を使っての遭難情報伝達体制。略称 GMDSS。世界中どの海域で遭難しても通信衛星を用いて交信できる,沈没時には自動浮揚の発信機により自動的に通報される,テレックス無線電話主体のためモールス符号などの技術を必要としない,などの特徴をもつ。 1992年2月にこの導入をおもな内容とする条約が発効し,1999年2月1日までに全面移行することになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界的な海上遭難安全システムの関連キーワード国際海事機関IMO世界気象機関テポドン2号人工衛星発射に必要な手続き海洋汚染国際海事機関国際信号書世界気象機関世界海の日

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone