コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界食糧備蓄制度 せかいしょくりょうびちくせいどFood Reservation Plan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界食糧備蓄制度
せかいしょくりょうびちくせいど
Food Reservation Plan

1974年に開かれた世界食糧会議の重要決議の一つ。主要国が通常の在庫に加えて 6000万tを備蓄する協定を結ぶという H.キッシンジャー国務長官の提案に端を発する。この提案には,産油国や日本にアメリカの余剰農産物在庫維持の負担を肩代りさせようというねらいもあったとされる。結局会議では,各国がガイドラインに従って備蓄を強化するという提案の線で,生産国,消費国,貿易国が同制度の討議に入り,日本もこれに従った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界食糧備蓄制度の関連キーワード神代辰巳藤田敏八ポルトガル文学安野光雅寺山修司ゲンシャー小川国夫北川透河野典生コッポラ