コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世良利貞 せら としさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

世良利貞 せら-としさだ

1816-1878 幕末-明治時代の国学者,神職。
文化13年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。代々膳夫(かしわで)をつとめ故実にくわしかった。維新後,教部省につとめ,明治6年長門一宮の住吉神社宮司(ぐうじ)となる。また大教院で井上頼国(よりくに),落合直澄らと教典編集にたずさわった。明治11年3月17日死去。63歳。初名は孫槌。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世良利貞の関連キーワード明治時代国学者神職

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android