コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世良晃志郎 せら てるしろう

1件 の用語解説(世良晃志郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

世良晃志郎 せら-てるしろう

1917-1989 昭和時代の法学者。
大正6年8月19日生まれ。専攻は西洋法制史。雑誌「社会科学の方法」を刊行し,ウェーバーの翻訳でも知られる。昭和27年東北大教授,54年宇都宮大学長。平成元年4月16日死去。71歳。広島県出身。東京帝大卒。著作に「封建制社会の法的構造」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の世良晃志郎の言及

【法制史】より

…日本でも戦後,それまでのドイツ的法史学に対する批判が提起された(その際,マルクス主義や法社会学の影響が強くみられたことはドイツの学界にはない特色といえる)。〈ゲルマン法〉の概念に理論的批判を加え,西洋法制史の研究方法について根本的再検討を要請した世良晃志郎は,法史学が真の意味での歴史学として脱皮すべきことを主張した。 今日,法史学が歴史学の一部門であり,法という視角からみた歴史学にほかならないことを否定する者はいない。…

※「世良晃志郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世良晃志郎の関連キーワード杉山直治郎鴻常夫折茂豊木村亀二清宮四郎野田良之野村淳治花見忠広浜嘉雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世良晃志郎の関連情報