コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両口 リョウグチ

デジタル大辞泉の解説

りょう‐ぐち〔リヤウ‐〕【両口】

《「りょうくち」とも》
両方の口。二つの出入り口。
馬の両脇に一人ずつついて手綱をとること。
「馬子も―をとるぞかし」〈浮・一代男・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の両口の言及

【銚子】より

…酒を入れて杯につぐための器。注口(つぎくち)が両側にあるのを両口(もろくち),片側にあるのを片口といい,いずれも長柄をつけてあった。酒をつぐ器の代表的なものだったため,別系統の徳利が普及するにともない,徳利をもこの名で呼ぶことが多くなった。…

※「両口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

両口の関連キーワードJR新発田駅の橋上化事業二人静(菓子)ハロゲン電球仕上げ工具神戸事件出入り口微笑反応をちこち軸継手乗馬始和三盆落し網スパナ千なり定置網二人静馬子銚子片口二つ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両口の関連情報