両口(読み)りょうぐち

精選版 日本国語大辞典「両口」の解説

りょう‐ぐち リャウ‥【両口】

〘名〙 (「りょうくち」とも)
両方の口。二つの口。二つの出入り口。〔運歩色葉(1548)〕
※遠近草(1573‐92)中「樋口富小路に両口をかかへて酒造る人有けり」
② 馬の両脇につきそって二人で手綱をとること。
※俳諧・口真似草(1656)一「門松たつや両口午の年〈幸以〉」
③ 江戸時代、江戸本所(東京都墨田区)の吉田町、入江町あたりにいた私娼をいう。五十蔵。〔洒落本・婦美車紫(1774)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「両口」の解説

りょう‐ぐち〔リヤウ‐〕【両口】

《「りょうくち」とも》
両方の口。二つの出入り口。
馬の両脇に一人ずつついて手綱をとること。
馬子も―をとるぞかし」〈一代男・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の両口の言及

【銚子】より

…酒を入れて杯につぐための器。注口(つぎくち)が両側にあるのを両口(もろくち),片側にあるのを片口といい,いずれも長柄をつけてあった。酒をつぐ器の代表的なものだったため,別系統の徳利が普及するにともない,徳利をもこの名で呼ぶことが多くなった。…

※「両口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報