コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両大血管右室起始(症) りょうだいけっかんうしつきししょう Double-Outlet Right Ventricle(DORV)

1件 の用語解説(両大血管右室起始(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

りょうだいけっかんうしつきししょう【両大血管右室起始(症) Double-Outlet Right Ventricle(DORV)】

[どんな病気か]
 大動脈と肺動脈の両方(両大血管)が、右心室(うしんしつ)から起始している状態です。
 心室中隔欠損必ずともない、ここが、左心室の血液の出口となります。
 心室中隔欠損が、大動脈弁近くにある、肺動脈弁近くにある、両大血管の近くにある、両大血管より遠い位置にあるという4つのタイプがあって、血液の流れ方、手術の方法、手術の困難さなどが、それぞれ異なります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

両大血管右室起始(症)の関連キーワード大動脈大動脈弁動脈動脈瘤肺動脈弁半月弁胸部大動脈高安病肺動脈冠動脈心疾患

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone