両敬(読み)りょうけい

精選版 日本国語大辞典「両敬」の解説

りょう‐けい リャウ‥【両敬】

〘名〙 江戸時代、親戚間柄にある大名・小名が相互の訪問・応対・文通などの交際に、同等の敬称を用いたこと。一方だけが用いる片敬(かたけい)に対していう。町人階級の間でも行なわれることがあった。
人情本・縁結月下菊(1839)上「両敬(リャウケイ)にでもなったら、俺が所の見世の者は、請答をしえめへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android