コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両点 リョウテン

2件 の用語解説(両点の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りょう‐てん〔リヤウ‐〕【両点】

漢文に返り点と送り仮名の両方をつけること。→片点(かたてん)
漢文の訓読で、一語を音と訓との両方に読むこと。「浩汗」を「浩汗(こうかん)とおぎろなり」、「関関睢鳩」を「関関(かんかん)とやわらぎなける睢鳩(しょきゅう)のみさご」と読む類。文選読み

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうてん【両点】

漢文に返り点と送り仮名の両方をあわせてつけること。 ↔ 片点
漢文の訓読で、一語を音と訓とに読んだこと。「窈窕淑女」を「窈窕ようちようとゆおびかなる淑女しゆくじよのよきむすめ」などと読む類。文選もんぜん読み。
漢文を読みくだす際に二通りの訓読のしかたがあること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

両点の関連情報