コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文選読み もんぜんよみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文選読み
もんぜんよみ

同一の漢語漢字音と訓 (和語) で2度読む方式をいう。「豺狼 (サイラウ) のおほかみ」「蟋蟀 (シッシュツ) のきりぎりす (現在のこおろぎ) 」などがその例で,上の字音読みが下の訓読みの連体 (ないし連用) 修飾語となる形をとる。もともと平安時代の漢文訓読から起ったもの。古来『文選』を読むときに多く用いられたところからこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もんぜん‐よみ【文選読み】

漢文訓読における読み方の一。同一の漢字・漢語をまず音読し、さらに重ねて訓読する方法。「細細腰支」を「さいさいとほそやかなるようしのこし」と読む類。「文選」を読むのに多用されたところからいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もんぜんよみ【文選読み】

漢文訓読の一方法。ある語をまず音読し、さらにその語の訓を重ねて読む。「片時」をヘンジノカタトキと読む類。文選にこの読み方が顕著にみられるところからの称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

文選読みの関連キーワード両点

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android