両部鳥居(読み)リョウブトリイ

大辞林 第三版の解説

りょうぶどりい【両部鳥居】

本柱の前後に短い控え柱を立て、貫ぬきで本柱とつないだ鳥居。神仏混淆こんこうの神社に多くみられる。宮島の厳島神社が代表例。四つ脚鳥居。権現鳥居。枠指わくざし鳥居。稚児鳥居。 → 鳥居

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りょうぶ‐とりい リャウブとりゐ【両部鳥居】

〘名〙 明神鳥居の二本の本柱の前後にそれぞれ控え柱を設け、本柱と控え柱との間に上下二本の控(ぬき)をつけたもの。本地垂迹両部権現説によって神仏混淆の神社に多く建てられる。福井県敦賀市の気比神宮の鳥居、厳島神社の大鳥居など。四足鳥居。袖鳥居。枠指(わくざし)鳥居。権現鳥居。〔日本建築辞彙(1906)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の両部鳥居の言及

【鳥居】より

…山王(日吉)鳥居には笠木の上に合掌形の破風がついている。(5)両部鳥居は神仏習合の色が濃い。控柱をそえて貫でつなぐので四脚鳥居,または枠指(わくざし)鳥居ともいう。…

※「両部鳥居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android