並木一路(読み)なみき いちろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並木一路 なみき-いちろ

1912- 昭和-平成時代の漫才師。
明治45年5月13日生まれ。栗島すみ子劇団,不二洋子一座などをへて,昭和13年漫才に転向。15年内海突破とコンビをくみ,「ぼくの俳句」「山手線めぐり」などで人気をえる。25年宮田洋々とくむが,29年以降は単独でラジオの司会,漫談,映画で活躍。東京出身。本名は松村興優。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android