コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漫談 まんだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漫談
まんだん

大正末期頃,トーキーの登場によって転職を余儀なくされた無声映画の説明者 (活動弁士,略して活弁) が,それまで前説と称して演じていたものに改良を加えて始めた演芸の一種。風俗的な題材を滑稽につないでいく話芸。寄席,ラジオ,テレビなどでも迎えられ,漫談家は現在では主としてショーなどの司会者として活動している者が多い。初期の漫談家としては,大辻司郎徳川夢声西村楽天らがいた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まん‐だん【漫談】

[名](スル)
くつろいだ気分でする、とりとめもない話。
寄席演芸の一。軽妙な口調で、社会風俗・時事問題の風刺・批評なども取り入れて、聴衆を笑わせる話芸。大正末ごろ、トーキー映画の発達で職を失った活動写真の弁士らが始めた。「歌謡漫談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

漫談【まんだん】

演芸の一種。ふつう特に主題,筋をもたず,ユーモア,機知を主とした独白話術。大正末年に徳川夢声,大辻司郎らが試みたのが最初で,トーキー映画普及につれ,活弁が漫談家に転身して漫談の形式をつくった。
→関連項目古川緑波

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まんだん【漫談】

無声映画の時代には,映画の音声をみずから演ずる活動弁士,略して活弁という職業が生まれた。活動弁士の中で,映画の場面を見ながら当意即妙のせりふを投げ込んで笑わせる何人かが,その人気を背景に,映画から独立して,口頭の滑稽話をするようになったのが漫談である。この一人話芸の形式は,弁士出身の徳川夢声によって創始され,名付親は,同じく弁士の大辻司郎(1896‐1952)である。彼の,〈……デアルデス〉と繰り返す語り口が昭和初期の軍国主義一色に染まる前の不安定な大衆心理に迎えられ,寄席に出演するだけでなく,レコードにも吹き込まれ,口まねをする子どもも多かった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まんだん【漫談】

( 名 ) スル
とりとめのない話。
演芸の一。世相などを話題として風刺や批評をまじえた軽妙な話芸。大正末頃、大辻司郎や徳川夢声ら活弁士たちによって始められた。 〔大辻司郎の命名〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漫談
まんだん

寄席(よせ)演芸の一種。滑稽(こっけい)な語りを主とする一人芸で、筋(すじ)や落ち(サゲ)にこだわらない点が落語と異なる。1926年(大正15)に活動写真の弁士(映画説明者)たちの隠し芸大会「ナヤマシ会」の第1回公演で山野一郎と徳川夢声(むせい)が演じたのが最初で、大辻司郎(おおつじしろう)が漫画からの発想により漫談と名づけたとされている。のちトーキーの出現で失職した彼らは本格的に漫談を演じるようになり、やがて漫談という用語が一般化するにつれ、それ以外にも漫談を専業とする者が増え、寄席や放送の演芸番組の重要な一画を占めるに至った。なかにはウクレレや三味線のような楽器を手に、歌を交えて演ずるものや、さらにその変形として3人から5、6人で掛合(かけあい)をする形式のものもある。「ウクレレ漫談」「歌謡漫談」などと称され、ことに複数で演ずる場合は「ボーイズもの」とよばれることが多い。[向井爽也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の漫談の言及

【大衆演芸】より

…明治にも両船亭船遊,結城孫三郎,玉川文楽らがこれを演じたがしだいに消えた。 大正末期に無声映画の説明者(活動弁士,略して活弁)が,トーキーの発達によって職がなくなり,活路を見いだすために始めたものに漫談があった。1924年に活動弁士が主宰していた〈なやまし会〉で,大辻司郎が演じたのが最初といわれる。…

【徳川夢声】より

…映画説明者・著述業・漫談家。本名福原駿雄。…

※「漫談」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漫談の関連キーワード柳家 三亀松(初代)コロムビア ライト綾小路 きみまろ花月亭 九里丸吾妻 ひな子花月亭九里丸宮尾 たか志伊東 かおる志村 としおチャンス青木柳家 三亀坊吾妻ひな子大辻 司郎西条 凡児桜井長一郎柳家三亀松牧野 周一西村 楽天御笑い芸人都家かつ江

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漫談の関連情報