中内蝶二(読み)なかうち ちょうじ

  • 中内蝶二 なかうち-ちょうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1875-1937 明治-昭和時代前期の小説家,劇作家。
明治8年5月5日生まれ。博文館記者,のち「万朝報(よろずちょうほう)」記者となる。劇評,劇作で評判を得,「大尉の娘」など,主として新派劇脚本をかく。小説や長唄作詞も手がけた。昭和12年2月19日死去。63歳。高知県出身。東京帝大卒。本名は義一。小説に「神猿奇譚」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中内蝶二の言及

【紀文大尽】より

…1911年5月,長唄研精会で発表。作詞中内蝶二。作曲4世吉住小三郎,3世杵屋(きねや)六四郎。…

※「中内蝶二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android