中原師直(読み)なかはらの もろなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原師直 なかはらの-もろなお

1127-1198 平安後期-鎌倉時代の官吏。
大治(だいじ)2年生まれ。明経(みょうぎょう)博士。建久元年大外記となり,玄蕃頭(げんばのかみ),周防権介(すおうのごんのすけ)などを兼任。2年松尾・北野両社への行幸行事の功績により正五位上にのぼる。のち但馬(たじまの)権介,加賀権守(かがのごんのかみ),摂津守などを歴任。日記に「師直記」がある。建久9年11月6日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android