コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原師直 なかはらの もろなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原師直 なかはらの-もろなお

1127-1198 平安後期-鎌倉時代の官吏。
大治(だいじ)2年生まれ。明経(みょうぎょう)博士。建久元年大外記となり,玄蕃頭(げんばのかみ),周防権介(すおうのごんのすけ)などを兼任。2年松尾・北野両社への行幸行事の功績により正五位上にのぼる。のち但馬(たじまの)権介,加賀権守(かがのごんのかみ),摂津守などを歴任。日記に「師直記」がある。建久9年11月6日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中原師直の関連キーワード鎌倉時代官吏大治

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android