コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原邦平 なかはら くにへい

2件 の用語解説(中原邦平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原邦平 なかはら-くにへい

1852-1921 明治-大正時代の歴史家。
嘉永(かえい)5年6月15日生まれ。漢学と陽明学をおさめたのち,東京にでて宣教師ニコライロシア語をまなび,参謀本部御用掛となる。のち毛利家や文部省で維新史の編修にたずさわった。大正10年3月1日死去。70歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は義之。字(あざな)は子信。号は鉄蕉,錦台野史。著作に「日清露之関係」「井上伯伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中原邦平

没年:大正10.3.1(1921)
生年:嘉永5.6.15(1852.7.31)
明治大正期の修史家。周防国大島郡久賀村(山口県大島町)に生まれる。明治11(1878)年,司法省法律学校を中退,13年から18年に参謀本部出仕,22年,東京・芝白金の毛利家編輯所に入り,44年維新史料編纂会常任委員に,大正4(1915)年,臨時帝室編修局御用掛になる。毛利家編輯所では,兼重慎一の部下として,長州藩の勤王・討幕運動史をめぐる修史事業に従事した。旧藩事蹟取調事務所,史談会,維新史料編纂会においても重きをなした。<著作>『井上伯伝』『伊藤公実録』<参考文献>文部省維新史料編纂事務局『維新史料編纂会の過去と現在』,広田暢久「毛利家編纂事業史」(『山口県文書館研究紀要』3号)

(秋元信英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中原邦平の関連キーワード周山修史局田中義成星野恒修史周防大島大島郡大島久満次世良修蔵信延寿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone