中国時報(読み)ちゅうごくじほう

  • ちゅうごくじほう / チョングオシーパオ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台湾の朝刊総合紙。英文表記China Times。『聯合報(れんごうほう)』『自由時報』などとともに有力紙とされてきた新聞。ブランケット判。本社所在地は台北(たいほく/タイペイ)市。

 『中国時報』の前身は、1950年10月に「物資調節委員会」の出資により創刊された経済情報紙『徴信新聞』。1951年4月、江蘇(こうそ/チヤンスー)省出身で大学教授や新聞処処長などを務めた余紀忠(よきちゅう/ユジチョン)(1910―2002)が同紙の発行を個人で引き受け、1960年1月『徴信新聞報』と改題するとともに日刊総合紙化。さらに1968年9月『中国時報』に改題した。戒厳令下でも、着実に部数を拡大し、1968年には台湾新聞界初のカラー印刷も実現。1988年戒厳令解除後も経営は順調だったが、有線テレビの普及やインターネットの勃興(ぼっこう)、大衆紙『蘋菓(ひんか)日報(アップルデイリー)』との競争激化などにより経営不振に陥り、2008年11月、中国でもビジネスを展開する台湾の菓子メーカー大手・旺旺(ワンワン)集団のオーナー、蔡衍明(さいえんめい/ツァイエンメン)(1957― )に買収された。

 余氏ファミリーによる経営時代、同紙の論調は、中台関係では中立・中間的なものであったが、蔡衍明による買収後は、明確な親中路線に転換した。

 発行部数は公表されていないが、アメリカのマーケティングリサーチ会社であるACニールセンによれば、2013年時点の中国時報の閲読率は4.3%(トップの『蘋菓日報』は15.2%)である。

[木原正博 2016年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中国時報の関連情報