コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中塚利為 なかつか としため

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中塚利為 なかつか-としため

1754-1809 江戸時代中期-後期の暦算家。
宝暦4年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士藤広則にまなぶ。寛政9年改暦を命じられて京都にいき,土御門(つちみかど)家に改暦について建言し採用された。文化6年4月25日死去。56歳。通称は喜十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中塚利為の関連キーワードカルル13世ネーミア怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)久留米藩大一揆土御門泰邦フレンチ・アンド・インディアン戦争アメリカ合衆国史(年表)森羅万象桂川甫粲桂川甫周(1)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android