コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中層大気研究計画 ちゅうそうたいきけんきゅうけいかくMiddle Atmosphere Program

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうそうたいきけんきゅうけいかく【中層大気研究計画 Middle Atmosphere Program】

通称MAP(マツプ)。全地球規模にわたって中層大気(地上10~120kmの気層)の運動,組成,放射などの状態を明らかにしようとする国際協力事業。本計画は,地球大気研究の一環として国際学術連合会議(ICSU)が提案した四ヵ年計画(1982‐85)として発足した。中層大気は,従来適当な観測法がなかったため,理解が非常に遅れていた領域であったが,近年のリモートセンシング技術の著しい発展に支えられてこの未知の領域に観測研究の道が開かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android