コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中層大気研究計画 ちゅうそうたいきけんきゅうけいかく Middle Atmosphere Program

1件 の用語解説(中層大気研究計画の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうそうたいきけんきゅうけいかく【中層大気研究計画 Middle Atmosphere Program】

通称MAP(マツプ)。全地球規模にわたって中層大気(地上10~120kmの気層)の運動,組成,放射などの状態を明らかにしようとする国際協力事業。本計画は,地球大気研究の一環として国際学術連合会議(ICSU)が提案した四ヵ年計画(1982‐85)として発足した。中層大気は,従来適当な観測法がなかったため,理解が非常に遅れていた領域であったが,近年のリモートセンシング技術の著しい発展に支えられてこの未知の領域に観測研究の道が開かれた

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中層大気研究計画の関連キーワードビットマップ自然環境保全地域全球大気監視大戦其処となしグローバリゼーション(Globalization)側方成長マグナサイクル短期払込保険足立儀代松

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone