コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境界領域 きょうかいりょういきinterdisciplinary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

境界領域
きょうかいりょういき
interdisciplinary

従来の個別または専門化した学問分野の2つ以上にまたがる領域物理化学などでは早くから発達していたが,原子力宇宙科学などの巨大科学の進展の必要から,これまで2つの学問分野の谷間として顧みられなかった領域の研究が急速に行われるようになった。その結果,総合科学といわれるものも具体性をもってきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうかい‐りょういき〔キヤウカイリヤウヰキ〕【境界領域】

複数の分野にまたがる学問分野。物理学と化学の物理化学、地質学と生物学の古生物学、医学と工学医用工学などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

境界領域の関連キーワードエスニック・アイデンティティリヒャルト・ヨハン クーンオプトエレクトロニクスパワーエレクトロニクスエリック ドレクスラーバイオミメティックス国際海洋物理科学協会情報計算化学生物学会バンボッチアンティアストリオニクス基礎物理学研究所マージナル・マンケミトロニクス有機金属化合物ボイテンダイク神経循環無力症池見 酉次郎バイオニクス荒木不二洋生物物理学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

境界領域の関連情報