コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山作三郎 なかやま さくさぶろう

2件 の用語解説(中山作三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山作三郎 なかやま-さくさぶろう

1785-1844 江戸時代後期のオランダ通詞。
天明5年生まれ。文化13年父中山武成の死後,家をついで小通詞助役となる。同年和蘭(オランダ)辞書翻訳認方掛となり,蘭和辞典「ズーフ-ハルマ」の校訂にあたった。天保(てんぽう)元年大通詞。天保15年8月12日死去。60歳。肥前長崎出身。名は武徳(たけのり)。字(あざな)は知雄。通称は別に得十郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中山作三郎

没年:弘化1.8.12(1844.9.23)
生年:天明5(1785)
江戸後期の阿蘭陀通詞。中山家第6代。名は武徳,字は知雄,通称得十郎のち作三郎。長崎の通詞の家に生まれ,稽古通詞,小通詞を経て天保1(1830)年大通詞に昇進。オランダ商館員から「きわめて勤勉で言葉にも熟達している」と評され,商館長ドゥーフが「最もすぐれた通詞を選んで」作り始めた『ドゥーフ・ハルマ』の編纂事業では,その中心的存在となった。この事業はドゥーフ帰国(1817)後も続けられ,同4年に語数約5万の蘭日辞典が完成,幕末まで写本で活用された。シーボルトの鳴滝塾開設や,シーボルト事件の処理にも尽力し,役人として有能なところをみせている。訳書に『魯西亜国史』がある。<参考文献>呉秀三『シーボルト先生』1・3巻,フィッセル『日本風俗備考』2巻,片桐一男『阿蘭陀通詞の研究』

(鳥井裕美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山作三郎の関連キーワード中山忠尹西玄甫堀達之助本木庄左衛門荒井庄十郎中山小十郎(2代)中山文七(4代)西善三郎馬場為八郎松村元綱

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone