コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山喜代三 なかやま きよぞう

1件 の用語解説(中山喜代三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山喜代三 なかやま-きよぞう

1903-1963 昭和時代の歌手。
明治36年10月12日生まれ。鹿児島市で芸者となる。昭和6年中山晋平(しんぺい)に美声をみとめられて上京,「上野盆踊り唄」「鹿児島オハラ節」などをうたってヒット。12年晋平と結婚,種子から嘉子と改名。昭和38年3月23日死去。59歳。鹿児島県出身。芸名は別にオハラ節喜代三,新橋喜代三。自伝に「多情菩薩(ぼさつ)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中山喜代三の関連キーワード上原敏小畑実北沢栄佐藤美子清水静子徳山璉羽衣歌子平野愛子藤原亮子松島詩子

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone