コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山恒明 なかやま こうめい

2件 の用語解説(中山恒明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山恒明 なかやま-こうめい

1910-2005 昭和-平成時代の外科学者。
明治43年9月25日生まれ。昭和22年母校千葉医大(現千葉大)の教授。40年東京女子医大教授となり同大に消化器病センターを設立。のち中山がん研究所長。食道外科で独自の手術法を確立するなど消化器外科で業績あげ,39年国際外科学会の「世紀の外科医賞」を受賞。日本消化器外科学会会長,国際外科学会会長などをつとめた。平成3年がん医学の中山恒明賞を創設。平成17年6月20日死去。94歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

中山恒明【なかやまこうめい】

外科医。東京都生れ。千葉医科大学(現,千葉大学医学部)卒業。千葉医科大学教授,千葉大学教授,東京女子医科大学客員教授を歴任。1958年に中山がん研究所を設立,1965年には東京女子医科大学に消化器病センターを設立し,同センターに優れた臨床医師を育成するための卒後臨床研修プログラムとして医療練士研修制度を創設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の中山恒明の言及

【手術】より

…また治療法も長足の進歩をとげ,最近では顕微鏡下の小血管吻合手術やCTの開発,CO2レーザー(ガスレーザー)の開発により,脳外科は完全に変貌し,1970年代とは比較にならぬほどの進歩をとげた。
[消化器外科の進歩]
 食道癌に対しては,日本の中山恒明のくふうにより,1940年以降外科医であればだれでも手がけることのできる手術技法が開発された。手術がむずかしいとされていた膵頭部癌に対しても,ホイップルA.O.Whippleが1935年膵頭十二指腸切除術に成功して以来,術式も種々の変遷をへて完全なものとなり,高カロリー輸液療法と相まって一般病院でも行えるようになった。…

※「中山恒明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中山恒明の関連キーワード太田和夫木本誠二佐野圭司秋山洋徳田虎雄西満正福田保前田友助宮本忍山下和夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone