コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山雷響 なかやま らいきょう

美術人名辞典の解説

中山雷響

浄土真宗の僧。美濃不破郡専精寺住職。号は荷泉・芽泉・虚仏、諡は芽泉院。善譲及び円月門人。大正五年勧学となる。大正13年(1924)寂、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山雷響 なかやま-らいきょう

1858-1924 明治-大正時代の僧。
安政5年6月1日生まれ。大教校(のちの竜谷大)を卒業し教授となる。岐阜県専精寺の住職をへて,明治37年仏教大教授。大正5年浄土真宗本願寺派の勧学となり,7年宗内の最高権威である安居(あんご)の本講となった。大正13年11月4日死去。67歳。安芸(あき)(広島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中山雷響の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android