中島 栄次郎(読み)ナカジマ エイジロウ

20世紀日本人名事典の解説

中島 栄次郎
ナカジマ エイジロウ

昭和期の評論家,詩人



生年
明治43(1910)年8月18日

没年
昭和20(1945)年5月7日

出生地
大阪市天王寺

学歴〔年〕
京都帝国大学文学部哲学科〔昭和9年〕卒

経歴
大阪高校時代の同級生に保田与重郎、田中克己らがいる。昭和7年保田、田中らと雑誌「コギト」を創刊。10年保田、亀井勝一郎らと文芸雑誌「日本浪曼派」を創刊。その創刊号に「浪曼派の機能」を執筆。リアリズム、リベラリズム、ロマン、象徴などをテーマにニーチェ、ソクラテス、芭蕉、川端康成など古今東西の作品を対象に活発な評論活動を展開。同人に参加した太宰治、伊東静雄、檀一雄をはじめ文学界に大きな影響を与えた。他に「新潮」「文学界」にも執筆。日本大学大阪専門学校教授も務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android