コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東静雄 いとうしずお

7件 の用語解説(伊東静雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊東静雄
いとうしずお

[生]1906.12.10. 長崎,諫早
[没]1953.3.12. 大阪
詩人。 1929年京都大学国文科卒業。中学教師となり,33年『コギト』,35年『日本浪曼派』に参加。『帰郷者』 (1934) ,『曠野の歌』 (35) を含む第1詩集『わがひとに与ふる哀歌』 (35) でヘルダーリーン風の,青春の悲壮感に満ちた詩風を注目された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いとう‐しずお〔‐しづを〕【伊東静雄】

[1906~1953]詩人。長崎の生まれ。「コギト」「四季」「日本浪曼派」同人。詩集に「わがひとに与ふる哀歌」「夏花」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊東静雄【いとうしずお】

詩人。長崎県生れ。京大国文科卒。教員生活をしながら歌作,次いで詩作を続け,保田与重郎らの《コギト》に詩を寄稿,評価された。1935年,《日本浪曼派》同人。第1詩集《わがひとに与ふる哀歌》で文芸汎論詩集賞,1941年,第2詩集《夏花》で第5回北村透谷文学賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東静雄 いとう-しずお

1906-1953 昭和時代の詩人。
明治39年12月10日生まれ。「コギト」「日本浪曼(ろうまん)派」「四季」同人。昭和10年「わがひとに与ふる哀歌」が萩原朔太郎(さくたろう)に絶賛され,詩壇の注目をあびる。16年「夏花」で透谷文学賞。大阪で終生中学,高校の教師をつとめた。昭和28年3月12日死去。46歳。長崎県出身。京都帝大卒。詩集に「春のいそぎ」「反響」。
【格言など】泣いてはいけない,感傷的になってはいけない。最後まで頑張りますよ,死なないよ(妻にのこしたことば)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いとうしずお【伊東静雄】

1906‐53(明治39‐昭和28)
昭和期の詩人。長崎県の生れ。京都帝大国文学科卒業後,大阪府立住吉中学に就職,第2次大戦後,府立阿倍野高校に移り,生涯,一教師として陋巷(ろうこう)にあった。旧制佐賀高校時代から歌作していたが,しだいにリルケケストナー,ヘルダーリン,《古今和歌集》などに関心を寄せ,詩作に入る。1932年,同人雑誌《呂》を出し,ついで保田与重郎らの《コギト》に加わり,さらにその後《日本浪曼派》《四季》の同人となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いとうしずお【伊東静雄】

1906~1953) 詩人。長崎県生まれ。京大卒。「コギト」「日本浪曼派」同人。逆説的で鋭い抒情性に満ちた詩で知られる。詩集「わがひとに与ふる哀歌」「夏花」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊東静雄
いとうしずお
(1906―1953)

詩人。明治39年12月10日長崎県諫早(いさはや)生まれ。京都帝国大学国文科卒業後、大阪府立住吉(すみよし)中学に就職。第二次世界大戦後、阿倍野(あべの)高校に転勤するが、教員生活は生涯にわたる。詩作は大学卒業のころより始める。日本古典への精通と、リルケやヘルダーリンへの傾倒が、彼の詩風に強く影響している。同人誌『呂(ろ)』に載せた詩が保田与重郎(やすだよじゅうろう)に注目され、1933年(昭和8)『コギト』に招かれる。続いて『日本浪曼派』同人となり、処女詩集『わがひとに与ふる哀歌』(1935)を出版、その硬質で清新な詩風により、詩人としての地位を確立する。41年、『四季』同人となり、『夏花』(1940)により北村透谷(とうこく)賞を受ける。第三詩集『春のいそぎ』(1943)では日本的叙情への回帰が色濃く認められる。第二次大戦後、第四詩集『反響』(1947)を出版するが、やがて肺結核に冒され、3年余の闘病生活ののち昭和28年3月12日死去。[高橋広満]
『林富士馬編・注『伊東静雄詩集』(旺文社文庫) ▽『定本伊東静雄全集』全1巻(1971・人文書院) ▽富士正晴編『伊東静雄研究』(1971・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊東静雄の言及

【ドイツ文学】より

…茅野蕭々(1883‐1946)の《リルケ詩抄》(1927)は名訳の評判が高く,堀辰雄や立原道造をリルケの世界に近づけた。ヘルダーリンに心酔した伊東静雄を含め,日本浪曼派はドイツ文学から深い影響をうけているが,その一方,生田春月の訳編になる《ハイネ詩集》(1917)の意義も特筆に値しよう。中野重治や舟木重信のハイネ研究に受け継がれて,革命詩人としてのハイネのイメージが早くから築かれたからである。…

※「伊東静雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊東静雄の関連キーワード杜詩上田敏雄緒方昇加藤一夫木村好子近藤東阪本越郎沢ゆき中野鈴子正富汪洋

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊東静雄の関連情報