コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檀一雄 だんかずお

7件 の用語解説(檀一雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

檀一雄
だんかずお

[生]1912.2.3. 山梨,谷村
[没]1976.1.2. 福岡
小説家。東京大学経済学部在学中に太宰治らを知り佐藤春夫に師事,芥川賞候補となった『夕張胡亭塾景観』 (1935) などを収めた処女作品集『花筐 (はながたみ) 』 (37) を刊行。約 10年間の沈黙ののち『リツ子・その愛』 (50) ,『リツ子・その死』 (50) で文壇に復帰,『真説石川五右衛門』 (50~51) で直木賞を受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だん‐かずお〔‐かずを〕【檀一雄】

[1912~1976]小説家。山梨の生まれ。「日本浪漫派」に参加。奔放な生き方を貫き、無頼派と称された。「長恨歌」「真説石川五右衛門」で直木賞受賞。他に「リツ子・その愛」「リツ子・その死」「火宅の人」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

檀一雄【だんかずお】

小説家,詩人。山梨県生れ。東大経済学部卒。在学中に発表した《此家の性格》で文壇に登場,太宰治坂口安吾などを知る。また保田与重郎らの〈日本浪曼派〉に参加。《花筐》刊行後応召。
→関連項目深作欣二無頼派森敦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

檀一雄 だん-かずお

1912-1976 昭和時代の小説家。
明治45年2月3日生まれ。東京帝大在学中に太宰治(だざい-おさむ)らとまじわり,佐藤春夫に師事。昭和12年応召し,のち中国東北部を放浪。戦後,妻の死をえがいた「リツ子・その愛」「リツ子・その死」が好評を博し,26年「長恨歌」「石川五右衛門」で直木賞。50年「火宅の人」を完成させ,昭和51年1月2日死去。63歳。没後に同作品は読売文学賞,日本文学大賞をうけた。山梨県出身。東京帝大卒。
【格言など】人生には無意味な重複が一度はある(「元帥」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

だんかずお【檀一雄】

1912‐76(大正1‐昭和51)
小説家。山梨県の生れ。東大経済学部卒業。1933年《新人》に《此家(このいえ)の性格》を発表,これを機縁に,尾崎一雄,太宰治らと知り,また佐藤春夫の門弟となる。35年,保田与重郎らの《日本浪曼派》に参加,《花筐(はながたみ)》《衰運》を発表,《夕張胡亭塾(ゆうばりこていじゆく)景観》(1935)は第2回芥川賞候補となる。以後,軍隊生活と満州,中国放浪の旅をつづけるが,44年《天明》で野間文芸奨励賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だんかずお【檀一雄】

1912~1976) 小説家。山梨県生まれ。東大卒。佐藤春夫に師事。私生活の体験を清冽な魂の記録として描き、浪漫的な放浪精神を発揮して最後の無頼派と称された。代表作「花筐」「リツ子・その愛」「リツ子・その死」「火宅の人」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

檀一雄
だんかずお
(1912―1976)

小説家。明治45年2月3日、父の任地山梨県で生まれる。東京帝国大学経済学部卒業。1933年(昭和8)『此家(このいえ)の性格』を発表、尾崎一雄らに認められ、太宰治(だざいおさむ)や坂口安吾(あんご)らを知る。また佐藤春夫に師事。35年『日本浪曼(ろうまん)派』に発表した『夕張胡亭塾(ゆうばりこていじゅく)景観』が芥川(あくたがわ)賞候補となる。37年青春小説『花筐(はながたみ)』を、39年詩集『虚空象嵌(こくうぞうがん)』を刊行。44年から翌年にかけ報道班員として中国大陸を転々として帰国後書いたのが、妻の死を描いた清冽(せいれつ)な秀作『リツ子・その愛』『リツ子・その死』(1948~50)である。51年(昭和26)、『長恨歌』(1950)、『真説・石川五右衛門(ごえもん)』(1950~51)で直木賞を受賞、流行作家として活躍。『ペンギン記』(1952)、『夕日と拳銃(けんじゅう)』(1955~56)、『光る道』(1956)、『わが青春の秘密』(1960)、『青い雲』(1969~70)、『火宅(かたく)の人』(1955~75)などがある。彼は「天然の旅情」に忠実に奔放な生き方を貫いたため、無頼と称されるが、その根源にあるのは詩心であった。旅や食べ物に関する著作も多い。昭和51年1月2日没。[沖山明徳]
『『檀一雄全集』全八巻(1977~78・新潮社) ▽『檀一雄全詩集』(1976・皆美社) ▽『檀一雄歌集』(1978・皆美社) ▽『檀一雄句集』(1979・皆美社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

檀一雄の関連キーワード生田蝶介桜田常久橘外男穂積驚宮内寒弥池田蘭子大倉燁子寺崎浩野沢純横山美智子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

檀一雄の関連情報