檀一雄(読み)だんかずお

日本大百科全書(ニッポニカ)「檀一雄」の解説

檀一雄
だんかずお
(1912―1976)

小説家。明治45年2月3日、父の任地山梨県で生まれる。東京帝国大学経済学部卒業。1933年(昭和8)『此家(このいえ)の性格』を発表、尾崎一雄らに認められ、太宰治(だざいおさむ)や坂口安吾(あんご)らを知る。また佐藤春夫師事。35年『日本浪曼(ろうまん)派』に発表した『夕張胡亭塾(ゆうばりこていじゅく)景観』が芥川(あくたがわ)賞候補となる。37年青春小説『花筐(はながたみ)』を、39年詩集『虚空象嵌(こくうぞうがん)』を刊行。44年から翌年にかけ報道班員として中国大陸を転々として帰国後書いたのが、妻の死を描いた清冽(せいれつ)な秀作『リツ子・その愛』『リツ子・その死』(1948~50)である。51年(昭和26)、『長恨歌』(1950)、『真説・石川五右衛門(ごえもん)』(1950~51)で直木賞を受賞、流行作家として活躍。『ペンギン記』(1952)、『夕日と拳銃(けんじゅう)』(1955~56)、『光る道』(1956)、『わが青春の秘密』(1960)、『青い雲』(1969~70)、『火宅(かたく)の人』(1955~75)などがある。彼は「天然の旅情」に忠実に奔放な生き方を貫いたため、無頼と称されるが、その根源にあるのは詩心であった。旅や食べ物に関する著作も多い。昭和51年1月2日

[沖山明徳]

『『檀一雄全集』全八巻(1977~78・新潮社)』『『檀一雄全詩集』(1976・皆美社)』『『檀一雄歌集』(1978・皆美社)』『『檀一雄句集』(1979・皆美社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「檀一雄」の解説

檀一雄 だん-かずお

1912-1976 昭和時代の小説家。
明治45年2月3日生まれ。東京帝大在学中に太宰治(だざい-おさむ)らとまじわり,佐藤春夫に師事。昭和12年応召し,のち中国東北部を放浪。戦後,妻の死をえがいた「リツ子・その愛」「リツ子・その死」が好評を博し,26年「長恨歌」「石川五右衛門」で直木賞。50年「火宅の人」を完成させ,昭和51年1月2日死去。63歳。没後に同作品は読売文学賞,日本文学大賞をうけた。山梨県出身。東京帝大卒。
【格言など】人生には無意味な重複が一度はある(「元帥」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「檀一雄」の解説

檀一雄【だんかずお】

小説家,詩人。山梨県生れ。東大経済学部卒。在学中に発表した《此家の性格》で文壇に登場,太宰治坂口安吾などを知る。また保田与重郎らの〈日本浪曼派〉に参加。《花筐》刊行後応召。戦後も中国を放浪した。その間の体験を綴った《リツ子・その愛》《リツ子・その死》(1950年)で復帰。《長恨歌》《真説石川五右衛門》で直木賞を受賞した。無頼の体験を描いた作品で知られ,執筆20年にわたる大作《火宅の人》は日本文学大賞を受賞した。詩集に《虚空象嵌》がある。
→関連項目深作欣二無頼派森敦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「檀一雄」の解説

檀一雄
だんかずお

[生]1912.2.3. 山梨,谷村
[没]1976.1.2. 福岡
小説家。東京大学経済学部在学中に太宰治らを知り佐藤春夫に師事,芥川賞候補となった『夕張胡亭塾景観』 (1935) などを収めた処女作品集『花筐 (はながたみ) 』 (37) を刊行。約 10年間の沈黙ののち『リツ子・その愛』 (50) ,『リツ子・その死』 (50) で文壇に復帰,『真説石川五右衛門』 (50~51) で直木賞を受賞した。ほかに『ペンギン記』 (52) ,『火宅の人』 (61~75) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「檀一雄」の解説

だん‐かずお【檀一雄】

小説家。山梨県生まれ。東京帝国大学卒。処女作「此家の性格」で認められ、その縁で太宰治らと知りあい、佐藤春夫に師事。「夕張胡亭塾景観」で芥川賞候補となるも応召。戦後、妻の死を描いた連作「リツ子・その愛」「リツ子・その死」で作家的地位を確立。「真説石川五右衛門」で直木賞受賞。中間小説もよくし、料理や食文化についての著書も多い。代表作に「花筐(はながたみ)」「火宅の人」など。明治四五~昭和五一年(一九一二‐七六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「檀一雄」の解説

だんかずお【檀一雄】

1912‐76(大正1‐昭和51)
小説家。山梨県の生れ。東大経済学部卒業。1933年《新人》に《此家(このいえ)の性格》を発表,これを機縁に,尾崎一雄,太宰治らと知り,また佐藤春夫の門弟となる。35年,保田与重郎らの《日本浪曼派》に参加,《花筐(はながたみ)》《衰運》を発表,《夕張胡亭塾(ゆうばりこていじゆく)景観》(1935)は第2回芥川賞候補となる。以後,軍隊生活と満州,中国放浪の旅をつづけるが,44年《天明》で野間文芸奨励賞を受賞。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android