コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島助兵衛 なかじま すけべえ

1件 の用語解説(中島助兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島助兵衛 なかじま-すけべえ

1616-1666 江戸時代前期の農民。
元和(げんな)2年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩領美濃(みの)(岐阜県)武儀郡桐洞村の人。万治(まんじ)3年江戸にいき藩主徳川光友に苛酷な年貢をやめるよううったえる。取り調べの結果,税は軽減され代官は免職となったが,助兵衛も越訴(おっそ)の罪にとわれ,寛文6年5月獄死。51歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中島助兵衛の関連キーワード岡井黄陵小野忠常狩野大学賀兵衛佐藤仁左衛門高橋太郎左衛門竹岸武兵衛多田嘉助長董余吾古庵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone