中島助兵衛(読み)なかじま すけべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島助兵衛 なかじま-すけべえ

1616-1666 江戸時代前期の農民。
元和(げんな)2年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩領美濃(みの)(岐阜県)武儀郡桐洞村の人。万治(まんじ)3年江戸にいき藩主徳川光友に苛酷な年貢をやめるよううったえる。取り調べの結果,税は軽減され代官免職となったが,助兵衛も越訴(おっそ)の罪にとわれ,寛文6年5月獄死。51歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android