コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島操存斎 なかじま そうそんさい

1件 の用語解説(中島操存斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島操存斎 なかじま-そうそんさい

1822-1868 江戸時代後期の儒者。
文政5年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)秋月藩につかえる。天保(てんぽう)11年藩主にしたがい江戸にでて,佐藤一斎の門でまなぶ。帰藩後,藩校稽古(けいこ)館助教,のち中監察となる。公武合体をとなえる。慶応4年5月24日暗殺された。47歳。本姓は加峰。名は健。字(あざな)は仲強。通称は衡平。別号に精義草廬。著作に「精義草廬遺稿」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中島操存斎の関連キーワード藩学一覧戊辰戦争柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone