コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋月藩 あきづきはん

3件 の用語解説(秋月藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋月藩
あきづきはん

江戸時代,筑前国 (福岡県) 夜須郡地方を領した外様小藩。元和9 (1623) 年福岡藩主黒田長政の次男長興が5万石の分知を受けて立藩,廃藩置県にいたる。江戸城柳間詰。また江戸時代,日向国 (宮崎県) 児湯郡高鍋地方を領有した秋月氏の所領 (→高鍋藩 ) をもいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

あきづきはん【秋月藩】

江戸時代筑前(ちくぜん)国夜須(やす)郡秋月(現、福岡県朝倉市秋月)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。福岡藩の支藩。藩校は稽古館(けいこかん)。福岡藩初代藩主の黒田長政(ながまさ)の遺言により、1623年(元和(げんな)9)、その3男の長興(ながおき)が5万石を分与されて秋月藩が成立した。筑前国のうち夜須郡、下座(げざ)郡、嘉麻(かま)郡の55ヵ村を領有。長興は1624年(寛永(かんえい)1)当地に入り、兄忠之(ただゆき)の本藩によって江戸参府を妨害されたものの、翌年ひそかに江戸に上って3代将軍徳川家光(とくがわいえみつ)に謁見(えっけん)、朱印状を与えられた。以降明治維新まで12代続いた。1775年(安永4)に藩校の稽古亭(のち稽古館)を開設。1785年(天明(てんめい)5)から本藩に代わって長崎警衛に当たり、幕末には佐幕派の立場をとった。特産品は元結(もとゆい)、紙、葛粉(くずこ)、木蝋(もくろう)、陶器など。1871年(明治4)の廃藩置県で秋月県となり、1876年(明治9)福岡県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋月藩
あきづきはん

筑前(ちくぜん)国夜須(やす)郡秋月(福岡県朝倉(あさくら)市)を藩庁とした藩。藩主黒田氏。外様(とざま)。福岡藩の支藩。1623年(元和9)初代福岡藩主黒田長政(ながまさ)の三男長興(ながおき)が、長政の遺言に基づき、筑前国夜須、下座(げざ)、嘉麻(かま)3郡のうちに55か村5万石を分与されたのに始まる。1636年(寛永13)下座郡の7か村を福岡藩領の穂波(ほなみ)郡2か村、夜須郡1か村と交換した(御内証替(ごないしょがえ))。家臣団編成、領内支配組織など藩の諸制度はほぼ本藩の福岡藩に準じていたが、1811年(文化8)の政変後は、本藩の直接的な藩政への介入によってさらにその度合いを強めた。領内の特産品としては元結(もとゆい)、寿泉苔(じゅせんたい)(川海苔(かわのり))、葛粉(くずこ)、木蝋(もくろう)などがあった。長興のあと長重、長軌(ながのり)、長貞(ながさだ)、長邦(ながくに)、長恵(ながよし)、長堅(ながかた)、長舒(ながのぶ)、長韶(ながつぐ)、長元、長義、長徳(ながのり)と12代続き、1871年(明治4)7月長徳のとき廃藩、秋月県となり、同年11月福岡県に統合された。
 なお、日向(ひゅうが)高鍋(たかなべ)藩(秋月氏)をまれに秋月藩とよぶことがある。[柴多一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋月藩の関連キーワード筑州筑前筑前藩福島県石川郡石川町筑前徳島県阿南市七見町筑前夜須〈町〉四条宮筑前新藤安平宗七(5代)前原筑前守

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋月藩の関連情報