コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島葉那子 なかじま はなこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島葉那子 なかじま-はなこ

1909-1939 昭和時代前期の詩人。
明治42年12月20日生まれ。竹内てるよと交遊,昭和5年ごろから詩をつくる。大正末年に生地北海道角田村でおきた農民運動に影響されて農民の立場にたった詩をかき,更科(さらしな)源蔵の「北緯五十度」などに発表する。6年更科と結婚した。昭和14年4月20日死去。31歳。本名ははなゑ。作品に「幼な物がたり」「馬鈴薯階級の詩」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中島葉那子の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児牧野省三マキノ雅広吉村公三郎[各個指定]工芸技術部門日活(株)大庭秀雄清水宏森一生

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android